スプレー缶に穴を開ける時の注意点!ガス抜きの場所や処分の方法など

昔は、スプレー缶を処分するときに穴をあけるのは当たり前でした。

 

でも、今は穴をあけること自体が「危険」と判断されていて、地域によっては穴はあけちゃダメという自治体も多いんですよ。

 

とはいえ、自分の住んでいる地域や自治体が「穴をあけてから捨ててください」というルールなら、危険とはわかっていながらも穴をあけないと処分ができない(´;ω;`)

スポンサーリンク

 

そこで今回は、スプレー缶に穴をあけるときの注意点をまとめました。爆発や家事などに不安がある方は一度チェックしてみてくださいね。

この記事の続きを読む