フレンチトーストは一晩漬けるのは危険?衛生面で注意すべき点は?

子供から大人まで大好きなフレンチトースト。ちょっと古くなってきた食パンも、フレンチトーストにすれば手軽においしく食べられますよね。

 

 

フレンチトーストは砂糖や牛乳を混ぜた卵液に食パンを漬け込んで作りますが、忙しい朝には漬け込み時間も短縮したいところ。

 

 

そこで気になるのは、漬け込んだ状態で一晩漬けても大丈夫かどうかですよね。今回は前日の夜から仕込む場合の注意点などをご紹介していきますので、ぜひ参考になさってくださいね。

 

 

▼関連記事

【まとめ】フレンチトーストに関する記事まとめ 冷凍のコツからレシピまで

フレンチトーストはひと晩漬けるのは危険なのか?

フレンチトーストを前日から仕込むとなると食パンを生卵や牛乳につけて保存するので食中毒になったりサルモネラ菌を心配する方も多いです。

 

 

結論から言いますと、「フレンチトーストは前日から仕込んでも大丈夫」です。
ただし、保存状態によっては食中毒などの危険もありますので注意が必要です。

 

 

フレンチトーストを前日から仕込む場合は
・必ず冷蔵庫で保存
・常温保存NG
・清潔なタッパーなどの容器で密閉して保存

するようにしてくださいね。

 

 

夏場などの温かい季節での常温保存は絶対にNGです。また冬場など、涼しい季節だからといって冷蔵庫に入れずに常温で保存するのは危険なのでやめてくださいね。

 

 

寒い季節でもエアコン等で部屋の温度は上がっていますし、空気に触れているのですぐに傷んでしまいます。

 

 

 

卵は割った状態だと菌が繁殖しやすく、溶いた状態になるとさらに繁殖は進みます。

 

 

一般的に溶いた卵の賞味期限は24時間以内といわれているので、前の晩からの仕込みで朝ご飯に使うようであれば大丈夫だとおもいますよ。

フレンチトーストを一晩漬ける時に衛生面で注意すること

保存状態も守った上で、前日から仕込んだ場合に衛生面でも以下のことに注意してください。

 

 

・朝食用の仕込みに限定する(長時間保存しない)
・中まで火をしっかり通す

 

 

これを守っていれば、ほぼ大丈夫です。

 

 

冷蔵庫に入れていたとはいえ、やはり溶いた卵や牛乳に漬けた状態で長時間保存するのはよくないので、朝に食べるように仕込むならOKですがそれ以降に食べるつもりであれば当日の朝に仕込むようにしてくださいね。

 

 

いざ食べようと思ったら中が半熟のような感じで心配という方もいますよね。前日から仕込んでしっかり中まで卵液がしみ込んでいると火が通っても中身はプリンのようにぷるぷるの状態になります。

 

 

両面5分程度ずつしっかり蒸し焼きにすれば半熟に見えても火は通っていますので大丈夫ですよ。

 

 

フレンチトーストはもともと古くて固くなってきたパンをおいしく食べるようにして始まったと言われています。たしかにバゲットなどの固めのパンであれば一晩漬けないと中までしみ込まないかもしれませんが、食パンなどの柔らかいパンであれば一晩漬けずに
朝の仕込みでも十分おいしくできますよ。

 

 

一晩おいておくのが心配な方は卵液がしみ込みやすいパンを使うといいですね。

 

 

我が家のフレンチトーストの下ごしらえ

息子はパンが大好きなのでよくフレンチトーストを作っています。おなかがすいた子供を待たせているので作るのはいつも時間との勝負。

 

 

我が家が時短でフレンチトーストを作るためにやっているのは液がしみ込みにくい食パンの耳は落としておき、パンを卵液につけた状態でレンジで両面30秒ずつ加熱してからフライパンで焼く方法です。

 

 

 

前の晩から漬けなくてもぷるぷるの食感になるので離乳食でも食べられます^^小さな、子供に出すのは注意していても衛生面が気になるので、子供ができてからは我が家は朝に仕込む派です。

 

▼こちらのレシピも参考どうぞ

フレンチトースト 一晩漬けこみをする作り方 人気のレシピはコチラ

まとめ

いかがでしたか?保存方法に注意しておけば一晩漬けてもOKなので、固めのバケット類をフレンチトーストする場合は前日から仕込んでもいいですね。

 

 

フレンチトーストは朝食や子供のおやつにもピッタリなので、衛生状態にも気をつけておいしく食べてくださいね。

 

 

▼フレンチトーストの日持ちについてはこちらをどうぞ

↓ ↓ ↓

 

フレンチトーストの日持ちは?作り置きで冷蔵は?冷凍したら何日OK?