わっぱ弁当にカビが生えたらどう対処するのがベター?ハイターはNG?

お弁当にはいろいろな種類があります。

 

そんなお弁当の中でも人気が高いのはわっぱ弁当ですね。

 

わっぱは日本に伝わる伝統工芸であり、歴史あるお弁当箱です。

 

わっぱはスギやヒノキから作られ、吸湿性に優れているのでご飯をより美味しく食べることができます。

 

しかし、逆に湿気を吸いやすいからこそカビが生えやすいという弱点があるんですね。

 

わっぱ弁当にカビが生えたらどう対処するのがベターなのでしょうか?

 

ここではわっぱ弁当にカビが生えた場合の対処法について解説をしていきます。

スポンサーリンク

 

わっぱ弁当にカビが生えた!ハイターにつけても大丈夫?

 

食器などにカビが生えた場合、まず思いつくのがハイターですよね。

 

ハイターは次亜塩素酸と呼ばれる成分を主成分としており、塩素系漂白剤と呼ばれています。

 

この成分で殺菌をすることにより漂白、カビ取りをしてくれるのが特徴です。

 

ハイターはキッチンタイプであったり、お風呂などのカビ取りに使えるものがありますね。

 

そんなハイターですが、残念ながらわっぱ弁当のカビ取りには向いていません。

 

わっぱ弁当は、スギやヒノキなどの自然な材質からできているため、化学成分で刺激が強いハイターはカビ取りには不向きです。

 

カビ取り自体はある程度可能ですが、わっぱ弁当の色が落ちてしまったり、匂いが移ってしまうことがありますよ。

 

ですので、わっぱ弁当でもしカビが生えてしまった場合には中性洗剤などを使ってよく拭いてから、しっかり乾燥させるようにしましょう。

 

わっぱ弁当の手入れ!カビが生えない予防法

では、わっぱ弁当は何故、カビが生えやすいのでしょうか。

 

そもそも、わっぱ弁当は、木でできており、水分を調整してくれるので、お弁当の中のご飯がベタつかず美味しさを保ってくれます。

スポンサーリンク

 

ただ、わっぱ弁当に吸収された水分や湿気、また付着した食べ残しで、わっぱ弁当にはカビが生えてしまうことがあるんですね。

 

このような、わっぱ弁当の特性をしっかり理解した上、カビが生えないような予防にしましょう。

 

おかずの汁気はとる

 

ご飯の水分はうまく吸収してくれても、おかずの油分であったり、ソースの水分は染みやカビとして残ってしまうことが多いです。

 

ですのでわっぱ弁当におかずを入れる際にはキッチンペーパーで汁気を取ったり、アルミホイルなどのおかずカップに入れて盛り付けるようにしましょう。

 

酢水につける

わっぱ弁当には黒ずみが付きやすいです。

 

ご飯などのでんぷんが原因ですよ。

 

黒ずみが気になる場合ですが、使い終わったわっぱ弁当を1:1で混ぜた酢水に40分ほどつけてみましょう。

 

その後お湯で洗い流すと黒ずみが取れますよ。

 

まとめ

わっぱ弁当ですが、スギやヒノキから作られているので吸湿性がよく、ご飯を美味しく保存することができます。

 

ただその分カビが生えやすいので注意が必要です。

 

美味しくご飯を保存できる代わりにデリケートな器です。

 

お弁当箱として使う場合は、洗剤は使わずお湯を使って綺麗にすることで、カビが生えないように取り扱いに注意してくださいね。

 

また、もしわっぱ弁当にカビが生えた場合でも、ハイターは使わずに、中性洗剤を使うようにしましょう。

 

他にも日頃からのお手入れをしっかり行なって、カビが生えないように気をつけてくださいね!

 

★関連記事

曲げわっぱの弁当箱の臭いが気になる!清潔に使いたい時の対処法はコレ