布団の外干しでついてしまった花粉を掃除機でとる方法

花粉が多い季節、花粉所の方は本当にやっかいですよね。

 

寝室にある布団を綺麗にするために外に干したときにも同じように花粉がついてしまい、外干ししたくてもできない人もいるのではないでしょうか?

 

布団に花粉がついてしまうと、寝るときにくしゃみや鼻水が止まらなくなり、起きたときに目が痒くて仕事なんてしてる場合じゃない!ということになりかねません。

 

そこで今回は布団の外干しでついてしまった花粉を掃除機でとる方法を紹介します。興味のある方は参考にしてみてくださいね。

花粉の除去に掃除機が効果はある?

花粉の除去に掃除機が効果はありますよ。ついた、花粉を掃除機で吸い込んでいるので、吸い込んだ分だけ花粉はとれていますよ。

 

でも、掃除機のタイプや性能によっては花粉が排気の部分からでて、逆に部屋に拡散してしまったりするかもです。

 

また、掃除機のかけ方によっても、ついた布団についた花粉が飛び散る可能性もありますね。

 

ただ、花粉と同時にダニやほこりも取れるので、花粉症の対策としてはかり強力なアイテムだと思いますのでお試しください^^

 

花粉を取る時ときの効果的な掃除機のかけ方

花粉を取るときの掃除機のかけ方ですが、ちょっとしたコツと押さえておくと、効果的でかつ時短で作業をすすめることができますよ。

 

①布団の外干しの段階で、花粉を払っておく

表面を上からしたまで、そっとなでて花粉をはらうことで、布団を部屋にとりこむときに持ち込む花粉の量を減らします。

 

①布団用のノズルを使う

掃除機をかけるときに、通常のノズルではなく布団用のノズルを使いましょう。

 

そうすることで生地が吸い込まれることで傷めることを防ぐことができます。かき出しブラシの形状に違いがあるので、ホコリ・ダニをしっかり取り除けます。

 

また専用のものに取り替えて掃除機をかけた方が衛生的です^^

 

②掃除機をかけるときはゆっくり丁寧に

布団の外干しでついてしまった花粉を掃除機でとる方法として大事なのが花粉を巻き上げないことです。

 

折角、花粉を掃除機でとろうとしているのに、花粉が舞い上がってしまい、それを吸ってしまう可能性があります。

 

それを防ぐためには掃除機をかけるときはゆっくり丁寧にかけてあげることで花粉が舞い上がらず綺麗に花粉を吸い取ることができますよ。

 

★純正からそうでないものまでイロイロでてます。よろしければ参考に。

⇒掃除機の布団専用のノズルのラインナップをチェックしてみる[楽天]

③寝る前にも掃除機で花粉を吸い取ろう

若干手間ではありますが、布団を取り込むときに掃除機をかけるのはもちろん寝る前にも掃除機をかけることで、より花粉を除去できます。

 

布団を取り込むときに、ほんの隙間から出てきた花粉が布団に残っている可能性があります。なのでもう一度、掃除機で花粉をとりましょう。

 

さらに一手間かけるなら

さらに枕や床もしっかり花粉をとるようにしましょう。また、作業中は、空気清浄機もお忘れなく。

 

空気清浄機を使うことで、布団に掃除機をかけた時に、空気中に舞った花粉を吸い込んでくれます。

 

しっかり掃除機と併用しながら空気清浄機を使用して花粉症対策を行ってくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

布団の外干しでついてしまった花粉を掃除機でとる方法を紹介しました。布団をダニ対策含めて綺麗にするために外干しをするのは非常に有効な手段です。

 

コツは、ゆっくり丁寧に!布団用ノズルで効果的に!

 

また掃除機選びとして、花粉対策で使うなら、排気が綺麗もしくは排気がない掃除機を選ぶのも重要です。花粉を吸い込んでも、それが室内に排気されてしまっては意味がないですものね。

 

製品によっては内蔵されているフィルターの目が花粉よりも大きいと、逃してしまう可能性があるからです。

 

掃除機で対策をしていても、寝るときに花粉症がひどくなる場合は、そもそもの掃除機の性能が布団向きではないかもしれませんよ。

 

こちら掃除機はちょっと・・・という方におすすめなコロコロ活用法です^^

 

布団の外干しでついてしまった花粉をコロコロを使って取る方法