赤ちゃんが寝るときに暖房のエアコンをつけっぱなしでも大丈夫か?

だんだんと寒い季節になってくると、はじめて冬を迎える赤ちゃんがいるご家庭では
寒さについての悩みがたくさんありませんか?

 

 

特にしゃべることが出来ない赤ちゃんは「暑いのか?寒いのか?」は
大人の方が気付いてあげなければなりません。

 

 

寒いので暖房は付けっぱなしのほうがいい?温度はどのくらいに設定するべき?
こういった疑問をお持ちのママさんは多いはず。

 

 

息子が真冬に生まれましたので、私も結構なやみました。

 

 

そこで今回は、今回は寒い冬でも赤ちゃんと快適に過ごすエアコンの使い方を、経験を交えてお伝えします。参考になさってくださいねー。

赤ちゃんが寝るときにエアコンを使う時の注意点

実は、赤ちゃんにとって、就寝時の暖房は必要ありません。

 

赤ちゃんがいる部屋で、冬の寒さ対策としてエアコンをメインに使用している方は多いです。寝るまでに部屋を暖めておいて、寝る時には消しておくようにすれば、赤ちゃんにとっては十分快適に過ごせますよ^^

 

 

逆にエアコンを付けっぱなしにしておくことは

  • ・いつの間にか暑くなりすぎてしまう
  • ・暖かすぎてなかなか寝付けない
  • ・部屋が乾燥してしまう

などの良くない状況を引き起こす原因となります。

 

 

ただし、お住まいの地域によってはものすごく夜が寒いという場合もありますので、
エアコンをきって寝るのは厳しい方もいらっしゃいますよね。

 

 

その場合は、いくつか注意しておく点がありますよ。

 

 

免疫力の低い赤ちゃんにとって特に「乾燥」は避けたいことのひとつ。目の届かない間に脱水症状を引き起こす場合もあります。

 

 

乾燥対策はとしては

  • ・エアコンの加湿モードを使用する
  • ・室内に濡れたタオルや洗濯ものを干しておく
  • ・加湿器を使用する
  • ・お湯を張った洗面器を置いておく

などがあります。適度な湿度を必ず保ってあげてくださいね。

 

赤ちゃんが寝るときの暖房の温度の目安

暖房を付けないと寒くて寝られず、エアコンを付けっぱなしにするという方は「乾燥」だけでなく「設定温度」にも気をつけてください。

 

 

冬場、赤ちゃんにとって快適な温度は一般的に20~23度とされています。

 

 

赤ちゃんは大人にくらべて体温が高いので、大人が快適な温度まで上げてしまうと
赤ちゃんにとっては暑すぎる場合もあります。寝ている間は換気も出来ないので、暑くなりすぎないように気を付けてください。湿度も50~60%を保つと心地よい眠りになりますよ。

 

 

 

ちなみにエアコンにもよると思いますが、設定温度=室温ではないことを頭に入れておいてください。

 

 

エアコンの位置や部屋の広さ、日当たりなどにもよりますがエアコンの設定温度とは+-3度くらいは体感に違いがあります。人それぞれ感じ方もちがいますしね。

 

 

また、暖かい空気は上に上がり、冷たい空気は床の方で溜まるので
赤ちゃんを寝かせている位置でも体感温度は変わります。

 

 

もし赤ちゃんを床に布団を敷いて寝かせているなら、大人より少し体感温度は低いでしょう。

赤ちゃん寝るとき暖房つけっぱなしでも大丈夫?<我が家の場合>

我が家の息子は真冬に産まれたので暖房は必須でした。暖房器具はエアコンのみで、もちろん日中は付けっぱなしです。

 

 

寝る時のエアコンは大人でも乾燥が気になりますし、赤ちゃんによくない気がしたので必ず消すようにしていましたよ。

 

 

我が家はフローリング床に布団で育児していたので湿度温度計を赤ちゃんの寝ているそばに置いてこまめに温度を調整していました。

 

 

寝ている時に赤ちゃんが布団を蹴って脱いだりすると暑いのかなと思いがちですが、
1歳くらいまでの赤ちゃんは体温調節機能が未発達なので、肌の温度や汗の様子を見て、調整する必要があります。

 

 

寝がえりをうち始めると、布団が脱げた時に寒いく、夜中何度も布団をかけ直すのも大変だったので、スリーパーを必ず着せていました。布団が脱げても寒くないですし、私も気にせず眠れるので大活躍でした^^

 

 

↓こちら楽天人気のスリーパー 日本製で安心!よろしければ参考に^^

 

まとめ

赤ちゃんはしゃべれないので「暑いのかな?」「寒いのかな?」と
不安になることもありますよね。

 

 

大人と同じようにしていると赤ちゃんにとっては不快な場合があります。よかれと思ってやったことで風邪や脱水になったら大変ですよね。

 

 

快適な温度、湿度を保って、赤ちゃんと快適な生活を過ごして、冬を乗り切ってください^^