2歳児の弁当箱の最適サイズ!ちょうどいい容量と大きさはコレ

保育園や幼稚園に通う2歳児の子どもを持つママさんは、お弁当を作る機会もありますよね。

 

2歳児のお弁当ってどれくらいの大きさがいいの?と悩む方も多いと思います。

 

まだ2歳だと、お弁当についてお話することも難しく、量やサイズも親のさじ加減で選ばないといけないので頭を抱えてしまう気持ちもわかります。

 

そこで、2歳児のお弁当のちょうどいい容量や大きさを調べました。サイズの選び方やおすすめのお弁当箱も載せているので、悩んでいる方はぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

2歳児の弁当箱の選び方!容量や素材のポイント

2歳児は、まだまだ食べる量が少なかったり食べムラもあるので小さいものを選びましょう。おおよそ容量は280ml~300mlのものが適しています。

 

280mlぐらいの大きさは、半分主食におかず2品くらい入る量です。

 

お子さんによって体格や小食気味といった食べる量の違いはあるため、おかずのほかに果物を入れたり、主食の量を少し減らすなど対策をしていくといいですよ。

 

おかずもたくさんの種類を入れるのではなく、残さず食べることができたという満足感や達成感を味わうことができるような量にしておくことがおすすめです。

 

また、保育園や幼稚園に入ったばかりのお子さんは、ママと離れて集団生活をする急な環境変化や、時間内に食べなくてはいけないというプレッシャーで食べられなくなってしまう場合もあります。

 

環境に慣れるまでは、少なめな量にしてあげるのもいいですよ。

お弁当の量が足りているのかは、おやつを食べる量などで見極めることができるので様子を見て徐々に増やしていくのも良いでしょう。

 

また、お弁当箱の素材によってもメリット・デメリットがあります。主に使われている素材について説明します。

 

① アルミ製

アルミは、 軽くて丈夫で熱しやすく冷めやすい点がお弁当箱に向いています。

 

また蓋も開け閉めしやすいので小さなお子さんにもぴったりです。

デメリットは、密閉性が低く、液体が漏れやすいのでゴムバンドの使用をおすすめします。

 

② プラスチック(ロック式)

プラスチックなので、軽くて持ち運びも便利です。

 

パッキンがついているため液体漏れがしにくく、大きめのロックで開け閉めも簡単にできます。

 

キャラクターものなどデザインも豊富で、安く購入できるのでおすすめです。

 

デメリットは、パッキンがカビやすいので洗い方や除菌に気を付けましょう。

 

③ プラスチック(シール式)

②のロック式同様、持ち運びに便利。

 

密閉性も高く、洗い物も蓋と容器だけなのでお手軽です。デメリットは、蓋の開け閉めに若干コツがいるので、2歳児には少々難しいかもしれません。

スポンサーリンク

 

④ 木製

最近増えてきている木製のお弁当箱は、自然素材で湿気を適度に調整してくれるため美味しく食べることができます。

 

しかし、密閉性が低いため液体が漏れやすい、お手入れやよく乾燥させないとカビが生えやすくなるなどデメリットが多く、小さなお子さんのお弁当箱には不向きに感じると思います。

 

2歳児の弁当箱!可愛くて使いやすいおすすめ3選

お弁当箱は、お子さんはもちろんママさんにも優しくて使いやすいものがいいですね。

 

そこで可愛くて使いやすいお弁当箱3つをピックアップしました!

 

① キャラクターもののお弁当箱

好きなキャラクターデザインのお弁当箱なら、食べる時もワクワクしますよね。

 

最近では、100円均一や300円均一でもキャラクターのお弁当箱を買うことができるので、メニューや日替わりでお弁当箱を変えるのもおすすめです。

 

楽天でも数百円でディズニーなどのキャラクターの弁当箱が売っていますよ。

 

②仕切りがついているお弁当

仕切りがあると、液体類が混ざってしまう心配も軽減され、盛り付けもしやすくなります。

 

複数仕切りがついているお弁当箱もあり、幅広いメニューに対応できますね。洗い物が増えるかもしれませんが、食洗器対応のお弁当箱もあるので、忙しいママさんにもおすすめです。

③ 名入れできるお弁当箱

ネットなど、名入れできるお弁当箱が増えています。

 

自分の名前が入ったお弁当箱は特別感もあって長く使いたくなりますよね。

 

名前シールやマジックで書いても毎日の洗い物でだんだん落ちてしまいがちですが、名入れならその心配はありません。

 

万が一なくなってしまうこともありませんし、安心ですよ。

 

楽天でも可愛いお弁当箱が沢山ありました♪

 

⇒【名入れ弁当箱】保育園・幼稚園児の弁当箱の一覧をみてみる[楽天]

 

まとめ

2歳児のお弁当箱のサイズ、容量はおおよそ280ml~300mlです。

 

保育園や幼稚園に通い始めのお子さんは、急な環境変化により食べなくなってしまう可能性があるので少なめに用意したり、おやつを食べる量など見て、徐々に増やしていくと良いでしょう。

 

お弁当箱の素材もそれぞれメリット・デメリットがありますが、安くて色んなデザインが揃って、お手入れも簡単なプラスチック製がおすすめです。

 

お弁当箱選びで悩んでいるママさんは、ぜひ参考にしてみてくださいね!