新しいタオルで毛がつく時の対処法 新品の風合いで毛を出さなくするには?

新品のタオルを下ろしたとき、いざつかってみると、体に糸や毛がついて、ちょっとがっかりということがはありませんか?

 

折角、新品で気持ちよく使いたいのに、ちょっとガッカリですよね。いや、がっかりといよりも、毛を取るのに逆に手間がかかる!という声もちらほら。

 

そんな毛がつく現象を防ぎつつ、毛が体につかなくなる方法をご紹介します。しかもふんわりとした仕上がりでですよ。

 

興味のある方は参考になさってくださいね^^

新しいタオルで毛が出やすい理由

ではそもそも新しいタオルの毛が体につきやすいのはなぜでしょうか?

 

それはズバリ「摩擦」と「柔軟剤」です。

 

特に、ドラム式洗濯機をつかっている方は、摩擦が強くでるので、毛がでるかもです。また節水モードが搭載されている最新式のタイプは、水がすくなることで、摩擦がつよくなる面がありますので、毛がおちやすくなるデメリットがでやすかったりします。

 

とは、柔軟剤ですね。

 

そもそも柔軟剤は繊維に油性のコーティングを行うことによってタオルを柔らかく仕上げてくれます。

 

しかし、新品の場合はまだ繊維がしつかり固定されていないものもあり、柔軟剤によってできたコーティングによって繊維の糸が緩みやすくなり、毛が落ちてしまいます。

 

さらに柔軟剤には界面活性剤が含まれているため繊維の表面が滑りやすいため摩擦が起きやすくなります。良かれ、と思った柔軟剤が原因かもしれませんので、ご注意を!

 

新しいタオルでも毛が出なくなる方法

まず新しいタオルの風合いを残し、毛が出なくなる方法を紹介します。ポイントは使う前にしっかり洗うことと、そして柔軟剤を使わないことです。

 

①使う前に多めの水で洗濯する

新しいタオルは加工の工程で出た繊維がまだ表面に残っています。その状態で使うことで、その繊維が体や顔についてしまいますよ。

 

なのでその対策として使う前に多めの水でしっかり洗うようにしましょう。そうすることで余計な毛を落とすことができます。

 

また毛や繊維を落とす以外に洗ってから使った方が理由があります。それは新品のタオルにはホコリや繊維、そして洗濯糊が付いています。

 

それを洗い流すことで吸水性が高まります。特に子供がいる家庭は安全面も考えて洗濯糊をしっかり洗い流して使いましょう。

 

②柔軟剤を使用しない

タオルを洗うのに、皆さん絶対使っているであろう柔軟剤。

 

ふわふわにした柔らかいタオルのために使ってしまいますが実はこれ、逆効果なんです。

今までの洗濯は何だったのかと驚きの事実ですよね。

 

③洗濯ネットに入れて洗う

毛が落ちる原因で柔軟剤の他にもう一つ、それが「摩擦」です。

 

他の衣類と洗うことで、その摩擦で毛が落ちやすくなり、それが他の衣類に付着してしまいます。

 

それを防ぐために洗濯ネットに入れて洗いましょう。もちろんタオル以外の衣類は入れないようにしてくださいね。

 

④干す前はしっかりはたいて、ふわふわに!

洗っても完全に取れない毛がタオルの表面に残っている可能性があります。

 

その糸くずなどの毛は、はたいて落とすしか方法はありません。干す前にはしっかりはたいてから、干しましょう。

 

そうすることで繊維がしっかり立つので、ふわふわになります。

 

⑤取り込む前にはもう一度はたいてからタンスの中へ

取り込む前にも干す前と同じように軽くはたいてからタンスの中に入れてください。

 

そうすることで濡れた状態で落としきれなかった繊維を落とすことができます。このときは干す前のようにバンバンとはたく必要はありません。

 

タオルの中に空気を取り込ませるようなイメージでやりましょう。

 

まとめ

いかかでしょうか?折角新しいタオルを使おうと思っても体を拭いたときに毛が体や顔に付いたら嫌ですよね。

 

そのためには最初の洗濯が肝心なのです。

 

その方法は洗濯ネットに入れて、柔軟剤を使用せずたっぷりの水で洗濯機で洗いましょう。タオルを干すときもしっかり叩いて毛を落としてから干してください。

 

そして、取り込むときも落としきれなかった毛がタオルの表面に残っています。

軽く叩いてからタンスにしましょう。そうすることで柔らかくフカフカで綺麗なタオルを長く使うことができますよ。

 

良いタオルこそしっかり長く使いたいですよね。参考になれば幸いです。