フレンチトーストお弁当でも大丈夫?夏だと腐る?作り方は詰め方は?

フレンチトーストって手軽に作れて美味しいですよね。もし、お弁当にもっていけたら、お弁当作りもすっごく楽になります。

 

でも、ちょっぴり不安だったりしませんか?持ち運びもちょっと不安だし。夏だと腐るかも・・って思ったり。

 

 

そこで、今回は、フレンチトーストはお弁当にもっていっても大丈夫かを紹介します。お弁当のメニューに加えたいけど、ちょーっと不安という方は参考になさってくださいね。

 

フレンチトーストお弁当でも大丈夫?

フレンチトーストをお弁当にするとき、

・衛生面

・味

この2つがネックになってますよー。

 

まず、衛生面だと、食中毒が気になる季節だとちょーっと危ないです。普通のお弁当でさえ、腐る季節だと避けた方が無難ですよー。

 

冬場なら、フレンチトーストをお弁当に持っていくって人も結構いらっしゃいますので、安心しててください。

 

ただし、お弁当にもっていくなら、下ごしらえの段階から注意をしておきましょう。前日の仕込みをさけ、朝しっかりつくるなど、衛生面の管理をしっかりしてくださいね。

 

下ごしらえの注意点はこちらにまとめました

フレンチトーストは一晩漬けるのは危険?衛生面で注意すべき点は?

 

 

あとは、味です。アツアツのカリカリが食べたーいって方だと、「お弁当に冷めたフレンチトースト」否定派が多いですよ。

 

もし冷めてもおいしく食べられるって方ならOK!食べ物の「温度」によって、味の感じ方って違います。作ってから時間がたつと、ベターっとしみ込んだ食感になります。食感が苦手ーって方もアウトですね。

 

気にならないって方なら全然OKだと思いますよ。

フレンチトーストお弁当作り方は詰め方は?

もしお弁当にもっていくなら

・作り方

・詰め方

を工夫しましょう。

 

冷めてもおいしいフレンチトーストの作り方

お弁当用に冷めてもおいしいフレンチトーストの作り方がありますよ。卵に漬け込む時間を短くして、べたっとした食感を少なくせばOK。

 

参考になるレシピがこちら

外部リンク⇒冷めてもおいしいフレンチトーストのレシピ[クックパット]

 

【材料】

  • ・食パン3枚
  • ・卵1個
  • ・牛乳100CC
  • ・グラニュー糖
  • ・バター 10グラム

食パンは6枚切り。薄いほうが焼いたときにカリッと仕上がりますね^^

 

フレンチトースト弁当の詰め方

フレンチトーストを弁当にもっていくときには、おかずと別の入れ物にすると便利ですよ。どうしてもかさばってしまうので(;^_^A

 

↓とても実用的で食べやすいですよねー。


入れ物は、ジップロックコンテナ(スクウェアタイプ)や、おにぎりをいれるバスケットなども活用されている方が多いですよ。

 

 

食パンを四つ切にしてフレンチトーストをつくると、詰めるときに、容器に無駄な空間ができにくいです^^

 

★関連記事★

フレンチトースト 一晩漬けこみをする作り方 簡単なレシピはコチラ

 

まとめ

フレンチトーストをお弁当にもっていくときには、下ごしらえの段階から衛生面に注意するのが大切。季節によっては、お弁当を避けた方がいいことも。

 

寒い季節で、食中毒を気にない季節なら、皆さんフレンチトーストをもっていってますので。手軽にできるパンのお弁当のメニューとして採用してみてくださいね^^

 

★フレンチトーストにあう献立なども載せてます★

【まとめ】フレンチトーストに関する記事まとめ